The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
おねえちゃん 2
2006-11-25 Sat 00:10
前回の日記にあるように

我が家には有難いおねえちゃんがいる。




先日車で外出したときのこと。

家を出て数分でチビスケが

突然叫んだ。

「あっ!!おねえちゃん忘れてきちゃった!!!」



はは「・・・。」(- -|||


「チビスケどうする?迎えに戻る?」


チビ「ううん、いいや、電話する。」


  「トゥルルル、トゥルル、あ、おねえちゃん?

   ごめんね、先に来ちゃってるから

   追いかけてきてね!!」

  「おかあさん、おねえちゃんね、追いかけてくるって!!」


はは「・・・そ、そう・・・。」(- -|||




しばし車を走らせ高速に乗ったと同時に

チビが一言。

「あ、おねえちゃん追いついてきたよ!!」


事故るから、やめてちょうだいッッッ。


↓チビスケが車窓から撮ったもの

sP1010039.jpg



よかった。

窓の外を全力疾走してるおねえちゃんとか写っとらんで。ホッ。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:10 | トラックバック:1
おねえちゃん
2006-11-24 Fri 09:44
我が家のチビスケはひとり息子


のハズである。


ハズなのだが・・・



何故かこのひとり息子(のハズ)のチビスケ

時々家の中で「おねえちゃん」

と遊んでいる。


そう・・


見えない「おねえちゃん」と。



( ̄□ ̄|||ぞーーー




時々寝室でなにやらボソボソと話しているので


「誰と話してるの~?」と聞くと・・・



チビ「おねえちゃん!!!!!!」(^▽^)ノ

はは「・・・・・・。」(- -|||

チビ「おねえちゃんとね~遊んでるの。だから向こう行ってて」

はは「あ、そう・・・そうなの・・・。」

   

   やめてよぉ~~~

   しかも寝室じゃんか~~~~~(T▽T)



つい先日は王子様もお見えになっておりました。(- -;


   どんな宮殿じゃ・・・

   てか、どうせなら白馬に乗った王子様連れてきてくんない?(無理)




さらに時々見えない子猫も連れてきます。


「おかあさん、ねこちゃんだよ~~、抱っこしてぇ~」


と、渡されます。



   あのぅ~~~

   そのネコちゃん・・・

   油なめたりはしてないでしょうね??(- -;;



いずれも害はなく

その上チビの子守までしてくれ、この母の負担を減らしてくれるという

かけがいのない助っ人であるため

日々恐怖と解放感の狭間で苦悩しつつ(大げさ)

最近では、もっぱらおねえちゃんの登場を期待している始末。




あッ、でも昼間限定でおねがいね♪^-^;;;



(とことん、勝手)



勝手ついでに・・・



次はお手伝いさんをよろしく~~~。



ヘ(_ _ヘ)☆\( ̄∀ ̄*)!ええ加減にしいやッ






sP1010084.jpg



写真は畳んで積み重ねられた衣服をチビが激写したもの

へぇ~こうゆうものが

こんな風に目に付くのねぇ~と妙に感心する母なのでした。



てか、おねえちゃんのことは・・・

どうか撮らないでね・・^-^;;
別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:1
素敵な出会い
2006-09-26 Tue 20:48
もう随分前になってしまったけれど
まだ暑いある夏の夜

思い立って和田倉の噴水公園に出向く。



東京駅からほど近いココは
夜は噴水がライトアップされて
なかなかいい感じ。

暗がりのベンチにはアベック(死語)たちが語らい
季節もムードもアツアツ(更に死語)なのである。


こんなところに子連れで来ようというんだから
ワタシもかなりのスットコドッコイ(更に更に死語)である。


噴き上がる水の音に水遊び大好きなチビスケは
まさに水を得た魚となり脇目もふらず噴水に直行
せっかくのムードも台無しの雄叫びに
アベックからのブーイングが聞こえるようだったが・・・
気のせいと思うことにした。(笑)

早速ワタクシも三脚を構え撮影を開始。

s-wadakura7.jpg



s-wadakura.jpg




すると・・・そこに
噴水の脇でダンスのレッスンをする若者が目に入った。


流れるようにしなやかな長い手足の動きが
あまりに美しくてしばし見入ってしまった。



ふだん内気でごくごく大人しい私は(え?どこが?)
勇気を雑巾のように振り絞り思い切って声をかけた。

「あのぅ~写真撮らせて頂けないでしょうか?」

暗がりから突如現れたオバハンに一瞬ギョッとして・・・
逃げ出されそうで焦りましたが・・・(^^;

すぐにご快諾頂け(決して脅迫はしていません!笑)
早速撮らせてくださいました。


s-wadakura-p.jpg




その間、公園を飛び回るチビスケは一緒に練習していた
若くてピチピチなかわいこちゃん(更に更に更に死語)に
すっかりとりいって遊んでもらい
私も写真に集中できてありがたいのなんのって

しかしながら・・・あのガキャぁ
なんと、この噴水の暗がりのベンチに点在する
アツアツのアベックに突進しては
このかわゆいおねーちゃんを困らせたというではありませんか!!



アンタね、ホント馬に蹴られて死にまっせ!!!



それにしても・・・彼ら
ハタ迷惑な親子につきまとわれて
写真は撮られるは、お守りはさせられるはで
一日の終わりに散々な目に・・・・・

どうもすいません(陳謝)

ありがとうございます!!!(感謝)


そんなこんなで最後には記念写真まで撮らせて頂きました♪


s-wadakura6.jpg




まだ昼間の熱を帯びた生あたたかい風も
彼らの爽快なダンスと笑顔に
涼しげな風が心を吹き抜けていったような
そんな夏の夜の素敵な出会いでした。


その時の写真を以下にもアップしています。
http://colorpurple.blog58.fc2.com/

ご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました♪



別窓 | 未分類 | コメント:6 | トラックバック:0
デパート散歩
2006-09-05 Tue 11:53
これも時代なのだろうと思うけれど
デパ地下が好きなのは何も女性だけではない。

ごくごくおいしそうに強い照明に照らし出された
食材やらお惣菜が彩りよく並び
小さくカットしたそれらを爪楊枝にさし
「いかがですか?」
とキレイなお姉さん方が笑顔でコチラに差し出す。

そんなデパ地下は
子供にとってもとてつもなく魅力的な場所らしい。

デパートのおもちゃ売り場でたんまり遊んだ帰り
そんなデパ地下によるのは
私よりもう~~んとチビスケが楽しみにしている(汗)

この日も焼きたての香ばしい香り漂わせる
ベーグルパンを差し出され、喜んで食すと
リアクション芸人のように大げさにおいしいを連発。

あんまりうれしそーに食べるもんだから
おねえさんがどんどんすすめてくれてしまう・・

(≡д≡) キャーー

次から次とまあ食べる食べる

━━━━━━∑(゚д゚lll)━━━━━━

ちょっ、ちょっとちょっと

コラッ、もうそのくらいにしなさいッッッ

(≡ω\(- -;)ピタ!

アンタね、それ以上食べたら

試食じゃなくて、

主食ですからッッッッッ


(_ _lll)  




写真は記事とは関係なく

身も細るよな心情をうつしこんだ母の姿です。

(いや、ただのノーメイクだろ・・)

ったく、油断もスキもあったもんじゃありません。

どこにいても気をぬけません。

イヤ、充分抜いてるってこの写真・・・ヽ(_ _|||ドテー

P1010005_s.jpg

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
トイレ日和
2006-09-05 Tue 01:40
チビスケ、4歳と2ヶ月少しが経とうとしている。

んが、未だトイレ特訓中。

っつーか、ワンコのように
何かしら気のそぐわないことがあると
私にあてつけるかのように、う○○(ピ------)
を失敗する。

まあ、しゃぁないって言えばしゃーないのだけれど
いくらわが子のう○○(ピ------)でも
やっぱり一日に何度も始末するハメになると
それでなくても夏バテで無くなる食欲が否がおうにも
更に減退します。

というワケで、あの手この手でトイレに誘う。

『ねえ?う○○(ピ------)でるんじゃない?』

『ううん、ないッ』キッパリ

『でも、あるかもしれないから、おトイレ行ってみようか?』

『ううん、ないッ』再びキッパリ

『じゃあ、う○○(ピ------)でるかお腹にきいてみようか?
 ポンポンさん、う○○(ピ------)でる~?』

『でないッ』



と、言ってる間にぷぅ~~んと・・・・・・

・・・_| ̄|○・・・ガックシ



何とか成功した時には褒めちぎり
外国人さながらのハグをしては大げさに喜び
トイレに産み落とされた
う○○(ピ------)クンを親子揃って
『う○○(ピ------)くん、バイバーイ』
と言って盛大に見送る・・・。

・・・_| ̄|○・・・ハッキリ言って・・つかれます。




とある日の夕方、親子揃って近くのスーパーへ。
途中、会った近所のおじさんになぜか挨拶が言えないチビスケ。
「こんにちは」も「バイバイ」も何故か言わない。

ったく、いつもは知らない人にまで挨拶するっちゅーのに
今日はどうしたものか?促すも結局できないまま

『ホント、すいません・・』と深々とご近所さんに
頭を下げて失礼することに・・。




以下母の心の声。

「アンタねぇ・・・、う○○(ピ------)

にバイバイ言えるのに、そりゃないでしょ?

あのおじさん

う○○(ピ------)以下かいーッ。」




子供の基準わかりません。


記事とは何ら関係ありませんが・・いや、あるか大いに
とある日にチビスケが撮った我が家のトイレ。

P1010019_s.jpg



そして、またまたチビの撮った好物。
(うわっ、トイレと食べ物?悪趣味~^-^;;)

P1010028_s.jpg



チビの写真を見ていつも思うこと。

子供の目ってストレート、すごく素直なんだよな~。
わからなくなってしまった何か・・見えなくなってしまった何か・・
自分の目が曇ってるだけなのかな~?

おっと感心してるバヤイではない!

カメラ操作できるくらいなんだからさ~
う○○(ピーーーーー)はトイレでしましょうよ、ね?^_^;
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
| おやこ日和  | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。